携帯電話の家族プランに加入してみて

固定電話の加入にまつわり驚き体験

子供を保育園にいれてとっても驚いたことがあります。それは連絡網に携帯電話の番号がびっしりと並んでいたことです。とくに私の感覚が古いって自覚はないのですが、こういう連絡網ってたいてい誰でも電話がとれるようにと自宅の固定電話を指定するのが当たり前だとおもっていたのです。たしかに近年忙しいお母さんたちですので家の電話になんか出れるほど在宅していない、だとか理由は沢山あるかもしれません。それでもちょっとなぁ〜と思ったのです。でもさらに衝撃的だったのは、子供がいる家庭にもかかわらず固定電話に加入していないから携帯電話を指定しているという理由が一番多かったのです。なんともびっくりする話ですよね。ほんとうに

それでも子供を育てている世帯なのか?と疑ってしまいました。まぁ時代の流れとともに常識も少しずつは変化していくものなのでそればかりを否定することはできません。最近とっても多いみたいですね、固定電話に加入していないご家庭というのが。子供が保育園ならまだしも小学生、中学生になっても引いていないご家庭もあるそうです。逆に我が家で固定電話に加入しているよって話をすると若いのにしっかりしているのね、とか電話使っているの?使っていないならもったいないよね?なんていわれてしまいます。たしかにほとんどつかっていないのでもったいないかもしれませんが、それとこれとは違うと思っているのです。そんな驚きの体験を最近してしまいました。